Spice Tea

写真とカメラとアート

機材・ツール

いまどきの Photoshop は、切り抜きにパス不要なんて誰が言った?

投稿日:

フォトショ最新機能、AI の AdobeSensei が活躍する「被写体を選択」をご存知でしょうか。

エー・アイ!!!
アドビ・センセイ!!

先日、Adobeのハウ・ツーブログ「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」シリーズで紹介されていた「選択ツールのいろいろ」を見てびっくり。
最近のフォトショは超便利ですね。

(参照「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識(9)なげなわツールから被写体選択まで、こんなにあったPhotoshopでの選択の自由」)

で、気になったのが「被写体を選択」という機能。
写真の主人公を一発選択するという、夢の機能が実現したということで……

とりあえず、やってみたかった。

仕事で、パッケージ写真を撮影する機会がありましたので、さっそくやってみました。

  • ありがちな「白背景」
  • 商品の袋は「透明」

Photoshopで「被写体を選択」を使ってみた

こんな感じの写真でやってみましょう。

さて、AdobeSensei の実力たるや、いかに!?

「被写体を選択」は、Photoshopメニューの「選択範囲」の中にあります。

Photoshop「被写体を選択」

これをポチッとしますと、しばし待たされて……
自動的に選択範囲が現れます!!!

どやっ!?









Photoshopで「被写体を選択」を実行してみた


……
………
…………
……………ですよねーーーーーー。

そりゃそうなるよね!

という予想通りの結果と相成りました。

切り抜きに便利な選択機能は、他にもありますよね。
昔と違って、かなりの精度で選択範囲を作成できるようになっていて、もはやパスで切り抜くなんてナンセンス。
というような気配もしています。

ただし、透明袋の境界線を選び出すのは、少々骨が折れる。

境界線が不明瞭どころか、創作する必要がある場合など、より柔軟な対応を必要とする作業は、まだまだ人間の目が優勢ということかな?

そんなわけで、パス職人が必要となるシーンが、まだ残されてることにホッとした昔人間でした。
キーボードのブランドタッチより、パスを先に覚えたあの頃……懐かしい。

十二堂おからクッキー プレーンの切り抜き

ところで、十二堂のおからクッキーはほんまに美味しいので、オススメ。

ご縁があって、商品写真など撮らせていただいています。
もっと精進せねば。

spicetea PC

spicetea PC

-機材・ツール
-

執筆者:


コメントお気軽に♥

関連記事

文章作成にはアウトライナー「WorkFlowy」がお気に入り

先日、友人とブログ執筆の話をしていて、ふと「記事を書くツール」について考えました。 テキストエディタやブログ投稿フォームにガンガン書いていくのもいいですが、どうしてもまとまりが悪くなったり、言いたいこ …

RICOH 500GS(1973年発売)を手に入れた!

デジタルもフィルムも、一眼レフ好きな私ですが、最近少し、レンジファインダーが欲しくなってきました。 そんな折、古いカメラにハマっていると話したら、親戚のおばさまがこの子を持ってきてくれました。んふ&# …

万博記念公園でコスモスを見てきたよ

ららぽーとオープン以降、初めて万博記念公園へ足を運びました。 何が驚いたって……人が多くてびっくりした。 あんなにごった返すモノレールに乗ったのは、ほんと数えるほどしかない^^; これから覚悟しておこ …

ZENZA BRONICA C2 の試し撮り

父のおもちゃ箱から発掘した「ZENZA BRONICA C2」 30年以上未使用に近い状態で眠ったままだったものを、動かしてみました。 最近人気のゼンザブロニカは「S2」だそうで。 また、レンズも人気 …

RAW現像は Lightroom がおすすめ

写真は、撮った後の現像も楽しいものです。 フィルムの現像には暗室や特殊な機材などが必要ですが、デジタルなら気軽に楽しめます。 デジイチやRAW形式が選べるカメラをお使いなら、ぜひチャレンジしてほしいと …