Spice Tea

写真とカメラとアート

山崎 秀司写真展「海郷 ~冬の丹後半島~」|THE GALLERY 大阪

山崎 秀司写真展「海郷 ~冬の丹後半島~」|THE GALLERY 大阪

山崎 秀司写真展「海郷 ~冬の丹後半島~」|THE GALLERY 大阪

京都府北部に位置する丹後半島は、京阪神の都市部から車で2~3時間の距離にありながら、冬の厳しい気候と半島という隔離された地形により、独特の風土を残す土地柄である。昨今、全国どこに行っても開発が進み、同じような大規模チェーンの飲食店や量販店が立ちならび画一化した景観が目に入るが、丹後半島の海岸部に一歩足を入れると、そのような景色はおろか、コンビにすら稀である。

舟屋で有名な伊根町には魚屋は一軒もない。毎朝、定置網の漁船が港に帰ってくると水揚げが始まり、地元の人たちがバケツを持って魚を買いに集まってくる。定置網漁は伊根町の重要な産業であるだけではなく、住民の生活の一部として深く根付いている。冬の定置網漁は過酷である。毎朝、夜明け前に出漁して、4~5mの波の中を漁場に向かい網を引く。また、この地域では過疎、高齢化や嫁不足の問題なども抱えている。しかしながら丹後の人々は朗らかで暖かい。厳しい自然環境の中での暮らしぶりに触れ、かつて日本中どこにでもあった人間らしい暮らしぶりや、生きることの原点をも考えさせられる。

そんな冬の丹後半島を、1980年代から撮り続けてきた。1980年代当初は、「冬の漁場」、「冬の漁村」といった題材は一般的で多くのカメラマンが扱った題材であった。作者も単にフォトジェニックな題材として表面的にとらえていた。しかし、時代が変わり、世の中の流れが、都市部の生活、若者文化、大企業の効率主義などに偏向し一極集中するなかで、最近では「もう一方の現代日本」との意味合いも考えながら撮り続けている。(山崎秀司)

引用:THE GALLERY 大阪 展覧会情報ページ

会期

2018年12月 6日(木) 〜 2018年12月12日(水) 日曜休館
10:30~18:30(最終日は15:00まで)

Details

spicetea PC

spicetea PC


※「Art cal.」に掲載する画像および文章は、展覧会・イベント主催のギャラリー等からお借りしています。 「Art cal.」に掲載する画像および文章の知的財産権は、作家またはギャラリー等に帰属します。これらのコンテンツについて、権利者の許可なく複製、転用するなどの行為は、法律で禁止されています。