Spice Tea

写真とカメラとアート

samskeyti ヨシダミナコ写真展|ワコールスタディホール ギャラリー

これは父を撮影した作品です。
一五年前、父が病と闘う中で、わたしは父の死と向き合うことが出来ず、父に寄り添った母の姿を撮っていました。 けれど、母の写真が残ったことにより、父を撮れなかったということが、 また父と向き合えなかったということが、大きな後悔として自分の中に残りました。
父と向き合えなかったのには理由があります。 家の中での父は、いつも怖い存在でした。常に何かにイライラとしていて、理不尽に怒鳴り散らし、 母はそんな父親から子供達を遠ざけ、子供達もまた父親というものを避けてきました。
ただひとつだけ、わたしには父とのささやかな思い出があります。 幼い頃、わたしは父に連れられて日曜日のミサへよく出かけていました。 キリスト教徒ではなかった父が、何故わたしだけを連れて礼拝に通っていたのか、 その理由を聞いたことはありません。 父が亡くなってから、外国へ行く度に教会を訪れるようになったのも、そうした体験からなのだと思います。

引用:ワコールスタディホール 展覧会情報ページ

主催:ワコールスタディホール京都
企画協力:gallery Main

展覧会の詳細は、ワコールスタディホール 展覧会情報ページを御覧ください。

Details

spicetea PC

spicetea PC


※「Art cal.」に掲載する画像および文章は、展覧会・イベント主催のギャラリー等からお借りしています。 「Art cal.」に掲載する画像および文章の知的財産権は、作家またはギャラリー等に帰属します。これらのコンテンツについて、権利者の許可なく複製、転用するなどの行為は、法律で禁止されています。