Spice Tea

写真とカメラとアート

光銀フォトクラブ写真展「光銀事変Vol.4」|壹燈舎

光銀フォトクラブ写真展「光銀事変Vol.4」|壹燈舎

光銀フォトクラブ写真展「光銀事変Vol.4」|壹燈舎

今、まさに写真時代。老若男女を問わず、写真は新しい「言葉」となりました。
そして写真の新しい魅力、可能性を深く探ろうという人達が多くいます。
現在では素晴らしいオリジナルプリントを観ることが出来るようになり、多くの写真展も開かれています。
そんな中、光が黒化銀を形成するという写真の原点を見据え、モノクロームでの写真作品制作を目指す仲間が集まりました。
もちろん工業製品を使う写真ですから最新のデジタルを否定するものではありません。
モノクローム写真で伝えることが出来る意味、内容、感情等、その価値は多岐にわたっています。
光銀フォトクラブ写真展「光銀事変Vol.4」、モノクローム写真の魅力をご堪能ください。

出品作家:生熊章浩・大江孝・塩川博・高原晃里・谷口和義・中野利彦・三浦吉幸・米戸忠史

引用:壹燈舎 展覧会情報ページ

会期

2018年10月16日(火)~10月21日(日)
12:00 – 19:00 (最終日は18:00まで) 月曜日は休廊

Details

spicetea PC

spicetea PC


※「Art cal.」に掲載する画像および文章は、展覧会・イベント主催のギャラリー等からお借りしています。 「Art cal.」に掲載する画像および文章の知的財産権は、作家またはギャラリー等に帰属します。これらのコンテンツについて、権利者の許可なく複製、転用するなどの行為は、法律で禁止されています。