タマスダレ

スポンサーリンク

After the rain

デジタル写真のレタッチについては、いろいろな意見があるようで。
「後から好きなようにイジる」というデジタルの便利さは、なにやらずるい不正のように捉えられることもしばしば。
たしかに、ずるい一面もあると思う。
なんでも美しく自動補正される昨今、光量やシャッタースピードの関係、光の色などを、じっくりと見つめることは少なくなってしまった。
簡単に「プロの仕上がり」になる、ように感じる。
テクノロジーに補完された、完成度の高いイメージ。
だけど、ズドンと心に刺さるイメージは、意外と少ない、んじゃないかなぁ。

なんて屁理屈のような事を考えながら、久しぶりにレタッチで遊んでみた。
楽しいけれど、どこかうつろな気分。