ライカって、その響きだけでゾクゾクするんだけど。

スポンサーリンク

IMG 20170308 200813 816

最近、カメラ・写真の雑誌をバックナンバー含めて目を通すようにしていたのですが、そろそろ飽きてきました(おい)
だって、おおよそ似たようなことの繰り返しなんだもの。

ここに来てようやく、自分はカメラ雑誌じゃなくてアート系の方にアンテナを張ったほうがいいのかもしれない、と思い始めました。

それはさておき。
写真関連の雑誌や本、Webサイトなどをみているとライカを始め旧来の名機をよく見かけます。

ライカ

もうその名を口にするだけで、なんだかイイ写真が撮れそうな気がするほど、スゴイヤツ、ライカ。
ただ、少し気づいたこともあるので、自分用に書いておこうと思います。

ライカといえば、写真に詳しくないひとも一度くらい聞いたことがあるんじゃないかというほど、超有名な超高級カメラ。
そんなイメージがあるのは、私だけでしょうか。

実際、60万とか70万とか、そういう話を耳にしたことがあります。
実物を見たことはありません(笑)
しかし、比較的安価なシリーズもあるようで、デジタルもあるし、思っているよりも身近なカメラなのかもしれません。

雑誌を見ていると、ちょっとお高いライカに、これまたちょっとお高いオールドレンズなんか付けて、めっちゃ雰囲気のある写真が紹介されていたりします。

そりゃもう、憧れちゃうわけです。
なんたって ラ イ カ ですもん!

はぁ〜いいなぁ〜〜ライカいいなぁ〜〜〜
ため息をつきつつ、ライカに特化したムック本を眺めてみたり。

そこでふと、ライカで撮るべき写真について思いつきました。

ライカはレンジファインダーカメラで、ボディが小さくシャッター音も控えめ。
(一眼レフはミラーが動くので音が大きくなるんですね。ミラーレスが静かなのは、ミラーがないから)

要は、軽快に持ち歩き、流れるように写真を撮ることができる。

そんな特徴から、旅写真や暮らしのワンシーンを切り取るなど、動的な撮影スタイルにフィットするんじゃないかと。

実際、本を眺めていると「ライカと旅に出よう」みたいなのが多いような気がする。
(統計をとったわけではないので、ものすごく主観ですが)

また、そういった写真スタイルが好まれるんだろうなぁと感じています。

そこで、自分のスタイルを振り返ってみると。

庭の片隅に座り込んでじぃーーーーと眺め、ゆっくり構えて撮る。

…………ぜんぜん動く気配ないやん! ハシビロコウもびっくりやわ。

静的スタイルの場合、カメラが軽快に扱えることは優先度が低く、どちらかといえばドッシリしてる方が安定感があるんですよねぇ。

…………自分のスタイルは、ぜんぜんライカ的じゃなかった(´Д⊂グスン

オールドカメラなら、中判が性に合ってるかもしれません。
中判の名機といえば Hasselblad が超有名ですが、私は ゼンザブロニカ で十分です。

だいいち、フィルムなら現像・手焼きまで自分でやってこそ作品になる、と思い始めたところです。
カメラ云々より、まずは基礎からやらんと。

で、なんの話だっけ?

そう、ライカ。
憧れは相変わらずあるものの、自分の写真を考えると少し熱が冷めちゃったなぁ……と思ったのでした。

ほいでは、また。

スポンサーリンク

Follow me!