写真のアスペクト比と露出計算の表をつくってみた

スポンサーリンク

Captcha

春彼岸を迎えて桜のつぼみが気になり始めるころ。
みなさん、桜撮影のアップを始めているでしょうか。
わたくし、今年は梅を見に行くこともなく、すっかり出遅れ感に浸っております。

写真ネタがないのですが、マニアックなツールを作りましたのでメモ。

アスペクト比の表とサンプルをつくったよ

写真のプリントサイズについて調べていて、じつに様々な規格があることに気づきました。

よく耳にするのは「L版」「2L版」「ハガキサイズ」などでしょうか。
この他にもたくさんあって、先日私がお世話になったプロラボでは、印画紙サイズはもちろん、A4やB4なんてのもありました。

大きさが違うのは当然ですが、気になるのが「アスペクト比」
縦横の比率ですね。
デジイチでは「2 : 3」になりますので、たとえばL版(5 : 7)にプリントする場合などは長辺がカットされます。
印画紙の四切は「5 : 6」ですので、長辺はかなりカットされることになります。

アスペクト比は、写真の構図にも影響します。
デジイチ比率できれいに収まっていても、比率が変わると、なんとなくバランスが悪くなっちゃった……
ということもあるので、プリントするなら事前に頭に入れておきたいなぁと思いました。

とはいえ、数字に弱いわたくし。
それぞれの規格の比率を覚えるなんてできないし、なにより実感が持てない。
パッと見た感じのサンプルを、いつでも参照できるようにしておきたいじゃないか!

というわけで、作ってみました。

アスペクト比(スプレッドシート)

各規格の比率、倍率、ミリサイズ、インチサイズ、印刷に必要な画素数などをまとめた表になります。
表の下部には、各比率のサンプルを画像で添付しています。
jpegしか掲載できませんでしたので、鮮明な画像はsvgファイルにリンクしています。

印刷をされる方にも、必要画素数が参考になるのではないかと思います。

なお、割り切れない数字の世界ですので、多少の誤差があります。
正確なサイズは、写真屋さんや印刷屋さんでご確認ください。

簡単な数式が入っているだけですので、ファイルをコピーし、カスタマイズしてご利用ください。
スプレッドシートの利用方法がわからない場合は、こちらにコメントいただくか、Facebook等でご連絡ください。

マニュアルカメラに便利な露出計算表もつくってみた

これは以前に作成したものですが、露出計のないカメラで撮影する際の参考として露出(EV)計算表です。
昔はフィルムの箱に書かれていたと聞いたことがあるんですが、そうなんですかね?

紙にメモしておくと紛失しそうなので、こちらもスプレッドシートにしました。
スマホからいつでも確認できるので便利。
ISO100とISO400の2種類になっています。(シートが分かれています)

EV換算(スプレッドシート)

本当なら肌感覚として身につけたいところですが、まだまだまだ経験が足りません。

どこからともなく、
「まーたこんなの作っちゃってるよ、この人!!」
というお褒めの言葉が聞こえてくるようです。ハハハ!

ほいでは。